髭の剃り方(カミソリ)とスキンケアはセットで

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

スキンケア

皮脂などは肌荒れの主な原因の一つですが、

カミソリ負けで肌が荒れてしまっている人も案外多いです。
スキンケアも考えた効果的な

髭剃り方法の簡単なコツを紹介、解説していきます。

 

カミソリとシェーバーの違い

 

シェービング方法というか、

まずカミソリとシェーバーの違いですが

 

カミソリは髭を濡らした状態で剃るのに対し、

シェーバーは構造上ドライで剃るのに適しています。

(防水機能付きでウエット状態で剃れるものもある)

 

 

カミソリのほうがしっかりと細かいところまで剃れるので、

髭がすぐに生えてくるなどで深剃りしたい場合はカミソリを、

 

肌にあまり負担をかけたくないという場合は

電気シェーバーを使うほうがいいです。

 

 

 

どちらにしても根元(毛根)の部分は剃ることができないので、

青ヒゲがどうしても気になる場合は抑毛か脱毛をするのがオススメです。

 

 

 髭の剃りのコツ

 

そして快適に髭を剃るためには十分に

ウェットな状態

にして髭を軟らかくする必要があります。

 

 

ドライな状態のまま髭を剃ろうとすると

刃に髭がひっかかったりして余計な負荷がかかるだけでなく、

髭が硬いまま剃ることになってしまうので

刃の寿命も縮めてしまうことになります。

 

 

他にも剃る時に力を入れて剃ってしまうと、

それもカミソリ負けなどの原因となってしまうので、

力を入れ過ぎないように意識しましょう。

 

 スキンケア

スキンケア

 

髭剃り後のスキンケアに化粧水か

プレミアムアフターシェイブローションも必要に応じて

使用していくことで健康的で綺麗な肌の状態を保ち、

ヒリヒリ感や肌荒れを防いでくれます。

 

 

加えて油分が少なめの乳液を使うと、

保湿効果に加えて化粧水などの肌に良い成分

保護してくれるので効果的です。

 

 道具にも気をつける

 

最後にメンテナンス面ですが、

カミソリやシェーバーの効果を十分に発揮するには

刃の切れ味を常にいい状態にしておく必要があります。

 

 

替え刃のタイミングはカミソリでは

毎日剃った場合に一週間毎。

 

電気シェーバーの場合、

替え刃に数千円(交換時期3ヶ月〜6ヶ月)

ものによってはさらに専用の洗浄剤なども必要になってきます。

 

 

これは髭の濃さや刃にもよるので絶対ではないですが、

切れ味が悪くなる分、肌にかかる負担も大きくなってしまうので

少しでも切れ味が悪いと感じたらすぐに替えましょう。


スポンサードリンク



プレミアムアフターシェイブローションの詳細はこちら
プレミアムアフターシェイブローションの詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. t字カミソリ