T字カミソリの正しい髭の剃り方を学んでカミソリ負けを防止する

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

t字カミソリ

T字カミソリを使った

正しいシェービング方法を理解して

髭のカミソリ負けをしないようにする

剃り方について解説していきます。

 

シェーバーについての解説は別の機会にしていきますね。

 

 

▼カミソリ負けとは?

 

そもそもカミソリ負けとはどういうことかと言うと、

髭を剃ったことにより肌を傷めてしまい、見た目や体感としては

出血や肌荒れ、かゆみやヒリヒリした状態

になってしまうことです。

 

 

出血していなくても、剃り方によっては

髭と一緒に皮膚も削り取ってしまうので

ヒリヒリしたり痒くなってしまいます。

 

 

カミソリ負けの具体的な原因としては

 

  1. 剃り方が適切ではない
  2. T字カミソリ自体の状態が悪い
  3. 肌のコンディションが悪いかスキンケアができていない

 

この3つが主な原因となることが多いです。

 

 

▼適切な剃り方を理解する

 

まずはこちらのムービーを見てください。

文字付きなので髭剃りの大体の流れがわかります。

 

[kirari ヒゲの安全でキレイな剃り方]

 

なぜ最初に洗顔をして蒸しタオルをするのかというと、

髭を軟らかくして剃りやすくして肌への負担を減らすのが目的です。

 

 

 

剃ったあとは冷水で顔を洗ってクールダウンすることと、

プレミアムアフターシェイブローションなどのアフターシェーブローションで

ケアすることによってカミソリ負けに対するスキンケアができます。

 

 

 

 

 順剃り、逆剃りとは?

 

毛の流れに沿って剃るのかどうかのことで、

順反りは毛の流れに沿って上から下剃ります。

 

逆剃りに比べて肌への負担が少ないです。

なので最初は順反りで全体的に剃って行きます。

 

 

 

逆剃りは言葉通り、順反りとは反対に毛の流れに逆らって

下から上に剃るので肌への負担は大きいです。

 

逆剃りをするのはヒゲの向きによって

順反りで剃れなかった部分を処理したいときに慎重に逆剃りしていきます。

(ムービーでは順反りしかしてないです。)

 

さらに逆剃りするときはクリームやジェルを

もう一度つけてから剃っていきましょう。

 

 

ヒゲは

午前中に最も伸びやすい

ので朝に剃ることをオススメします。

 

 

 T字カミソリ自体について考える

髭剃り シック

 

男性用のT字カミソリにはシック(schick)などの「メーカー」

「電動(振動)とそうでないもの」「刃が何枚付いているか」

「ヘッドの部分の重さの違い」など多種類のT字カミソリがあります。

 

 

比較などの詳細はまたの機会にします。

ここでは基本的な考え方を説明していきます。

 

 

 

 

T字カミソリは基本的に切れ味が悪くなったら

替刃をするので手入れは必要ありません。

 

肌に負担がかからない切れ味を維持して使用していくために

交換する目安は髭の濃い人だと

1週間ぐらいで替える

のがベストです。

 

濃くない人でも2週間以内には替えるようにしましょう。

 

 

この基準は髭剃りのプロである理容師たちの経験から

判断した安全に使用出来る期間です。(一日に一回剃ったとして)

 

 

 肌のコンディションを整えるには

永久脱毛 男性

 

 

肌のコンディションを整えるポイントは

髭剃り前はぬるま湯で水分をよく与えて髭を軟らかくして、

髭剃り後には冷水で冷やすことと、

アフターシェーブローションを使用することです。

 

 

 

アフターシェイブローションは

アルコールが強いものだとヒリヒリしてしまう場合があるので、

肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

もしアフターシェイブローションを 使ったことがない場合は

刺激がほとんど無く、スキンケアをしながら髭を薄くできる

「プレミアムアフターシェイブローション」がオススメです。

 


スポンサードリンク



プレミアムアフターシェイブローションの詳細はこちら
プレミアムアフターシェイブローションの詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スキンケア